施工管理を辞める判断

転職活動は仕事しながら?辞めてから?【施工管理は辞めてからが有利です。】

転職活動は仕事しながら?辞めてから?【施工管理は辞めてからが有利です。】
自分の職業に悩む男性

転職は働きながらがいいのか?退職してからがいいのか?

こんな悩みに答えします。

こんな方に読んでほしい

  • 転職活動したいけど、『今の環境だと無理そう』と悩んでいる方
  • 辞めてから転職活動をすると『不安だ』と思っている方
  • 転職活動は仕事しながらと辞めてからだと、どっちがいいか悩んでいる方

では解説していきます。

転職活動は仕事しながら?辞めてから?【結論:辞めてからが有利】

転職活動は仕事しながら?辞めてから?【結論:辞めてからが有利】

結論は『施工管理』に限り、辞めてから転職活動する方が有利です。

激務の施工管理には同時並行は不可能

不可能とは言い過ぎかもしれませんが、自分の施工管理のタイムスケジュールを思い出して下さい。

私の場合は、こんな感じです。

忙しくない現場

7:15 ~ 22:00

忙しい現場

7:30 ~ 1:00

平日、土曜、祝日は大体こんな感じの方が多いのではないでしょうか。

下手をしたら現場によっては日曜まで仕事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな勤務体系で転職活動は不可能です。

そのため、『施工管理』、『現場監督』に限り一度辞めてから転職活動をする方が有利です。

施工管理(現場監督)が辞めてから転職活動をするメリット

最大のメリットは下記の通り。

転職活動に時間が割ける

これが本当に大きい。

実は私も一時期、施工管理が嫌で転職活動をしていた時期がありました。忙しい仕事の合間を縫って転職活動をしていました。

しかし、転職活動は上手くはいきませんでした。

転職活動の失敗談【施工管理を続けながらは無理でした】

『施工管理・現場監督』をしながらの転職活動は、私には『無理』でした。

1年目の時、あまりにも仕事が忙しすぎて、『このまま怪我して仕事に行けなくならないかな』とか『寝不足・ストレスで現場内で倒れないかな』なんてことも思っていました。

『このままでは本当にマズイ!人生これからだと思っていたのに 』と考え、施工管理を辞めようと行動しました。

職歴など必要書類を書いて書類選考もなんとか突破しましたが『ある理由』によって失敗に終わりました。

無理だった理由

理由は下記の通り。

面接に行けませんでした。

これが理由です。

普通の企業は、特に私が希望していたホワイト企業は

土日休み、残業なしの企業に就職したかったため、そんな企業は夜や日曜には面接は行ってくれません。

ましてや、当時1年目だったこともあり、有給休暇を使えるはずもなく・・・

なので私の転職活動は失敗に終わりました。

失敗しないためにも!

私の経験も含め、施工管理現場監督をしている方は辞めてから、転職活動が有利です。

失敗をしないためにも自分の納得いくまで、転職活動をしよう。

転職活動をしたいと思った方はこちらの記事もどうぞ!

緊急!今すぐ転職活動する方はこちら!

しかし、実際仕事を辞めてしまうのは不安に思う方もいると思います。

先に辞めた場合のデメリット【施工管理から抜け出した後】

自分の職業に悩む男性

お金が心配です。

こんな悩みがあるのではないでしょうか。

一度仕事を辞めてしまうと次の会社に入社するまで無収入となってしまいます。ましてや『すぐに内定』は転職初心者には難しい場合もあります。

しかし、これを打破する3つ方法があります。

デメリットはこれで打破する

下記のとおり。

  • 転職成功まで貯金を切り崩し
  • 実家に帰る
  • 有給休暇をフルで活用

貯金がある方は辞めた後は預金を切り崩して生活していくことができると思います。納得いくまで転職活動をしましょう。

次に、もし貯金があんまりない場合は実家に帰るのも1つの手です。今まで理不尽な職場で頑張ってきたのだから、すこしは甘えても『ばち』は当たりません。

そして、最もオススメなのが使えていない有給休暇を消化することです。1年目2年目でない限り、30日くらいは溜まっているのではないでしょうか?

辞める際に社会人の夏休みとして有給休暇を使い切りたいですね。

転職活動の『時間』と『お金』が足りません・・・

『これらを駆使しても時間や金が足りない・・・』

こんなことがないために効率良く転職活動を進める無料】のサービスがあることを知っていますか?

転職初心者にオススメ!施工管理からの転職活動開始方法【効率重視は一択】

転職活動初心者には転職エージェントが必須です。

やみくもに1人で転職活動を進めても上手くいきません。転職活動に詳しい人に相談した方が圧倒的に有利です。

転職エージェントは『あなたを』をコンサル

転職エージェントは相談よりコンサルしてくれます。どうやったら転職活動が上手くいくかを。

転職エージェントは転職初心者の『あなた』をサポートしてくれます。

転職エージェントのサポート
  • 自分に合った転職先をプロの目から判断してくれる
  • 一般の求人サイトにはない『非公開求人』の紹介
  • 各種書類添削や面接練習をしてくれる
  • 面接日程、給料交渉、入社時期の調整
  • しかもサービスは全て【無料】

施工管理を辞めてから転職活動をすると、デメリットでも紹介したように、貯金面の不安が大きいと思います。

そんな方こそ!効率良く転職活動を行う必要があります。

転職をすると決めたあなた。まずは【無料】の転職エージェントを登録することが転職活動のスタートラインになります。

20代にオススメの転職エージェントを知りたい方はこの記事へ!

30代・40代の方にオススメの転職エージェントはこちら!

転職すると決めた方はこちらの記事へどうぞ!
どんな行動を取れば良いかがわかります!

まとめ【転職活動は施工管理に限り辞めてからが最適解】

今回は転職活動は仕事しながら?辞めてから?【施工管理は辞めてからが有利です。】について紹介しました。

  • 転職活動は仕事しながら?辞めてから?
  • 転職初心者にオススメ!施工管理からの転職活動開始方法【効率重視は一択】

施工管理を続けながら1人で転職活動を成功させるのは至難の業です。

もし、施工管理を続けながら転職活動をするのであれば、『なおさら』転職ノウハウを持つ転職エージェントを頼らないと転職活動が進みません。

さらに、辞めてから転職活動をする場合も無収入期間が発生するため、よりスピーディーに、より効率的に転職活動を行う必要があります。

そのために必要なサービスこそが【無料】で試せる転職エージェントです。

転職エージェントのサポート
  • 自分に合った転職先をプロの目から判断してくれる
  • 一般の求人サイトにはない『非公開求人』の紹介
  • 各種書類添削や面接練習をしてくれる
  • 面接日程、給料交渉、入社時期の調整
  • しかもサービスは全て【無料】

転職エージェント『比較』・『評判』・『オススメ』が知りたい方はこちらへどうぞ!

20代の方はこちらから

30代・40代の方はこちらから

ABOUT ME
ショウ
施工管理歴8年目。1年目から2カ月休みなし残業時間200時間を経験。私自身も経験した『つらい』をなくすため、施工管理・現場監督のための転職先紹介をしています!
最新記事