施工管理を辞める判断

施工管理(現場監督)に向いてない人の特徴5選【当てはまった人は要注意】

施工管理(現場監督)に向いてない人の特徴5選【当てはまった人は要注意】
自分の職業に悩む男性

施工管理向いてないかも・・・

こんな悩みに答えます。

こんな方に読んでほしい

  • 施工管理(現場監督)に向いてないかもと悩んでいる方
  • 頑張っているのに『失敗したり、怒られてばかり・・・』の方
  • 残業、仕事環境、仕事仲間と合わないと思っている方

では解説していきます。

施工管理(現場監督)に向いてない人の特徴5選【当てはまった人は要注意】

次の5つに当てはまる人は要注意です。

  • マルチタスクが苦手
  • リーダーシップがない
  • コミュニケーション能力が低い人
  • メンタルが弱い人
  • プライベートを犠牲にできない人

順番に説明します。

マルチタスクが苦手

施工管理を続けていく上で、ここが最重要な項目だと思います。

仕事の種類を分けると下記のとおり。

  • 日々のルーティーンワーク
  • その日、突発の仕事

通常、日々のルーティーンワークだけでも時間いっぱいまで掛かるのが普通の会社での仕事。

しかし、施工管理は日々のルーティーンワークに加え、『その日、突発の仕事』が多いのが特徴です。

例えば、下記のとおり。

現場

  • 現場で納まらないから現地に来て指示してくれ。
  • 置いておいた工具が無くなった。どうにかしろ。
  • 予定外の作業員がいる。どくように指示してくれ。
  • 図面の寸法入っていない。今すぐ持ってきてくれ。

事務所

  • 施主から点検口移動するよう指示があったから検討いておいて
  • 音の対策不十分だから、何か案考えて
  • 見積書作成よろしく
  • 追加・変更になったから請求しておいて

こんな風に、突発の仕事が多いのも施工管理の特徴です。

少しでも仕事を終わらせていくためには、多くの仕事を同時並行で行う必要があります。

そのため、1つの仕事のみに集中してしまう人は向いていません。

リーダーシップがない

これに関しては上に立った時、つまり所長になった時の必須スキルです。

現場では下記の項目に陥ることが多い。

  • 不測の事態が多い
  • 決断すべきことが多い

現場監督の仕事は、『図面と現場が違う』ことが後を絶たない。
そして、そのあと必ず聞かれるのが『どうする?』である。

この時、現場を引っ張っていけるようなリーダーシップを持っていないと、ズルズル仕事が終わっていかなくなり、俗に言う『炎上現場』になってしまいます。

コミュニケーション能力が低い人

ここに関しては1年目から重要です。

苦手だと下記のように問題や難しいと感じてしまう。

  • 調整が多い仕事
  • 知らない業者とも調整
  • 言った、言っていないが多発する
  • 現場、現場ごとで関わる人が異なる
  • 日中、夜間で作業が入れ替わる場合、事故に繋がる

コミュニケーションが苦手な人に多いのが特に多いのが、『言った、言っていない』問題に巻き込まれることです。

相手と適切にコミュニケーションが取れているか、何度も確認するくらいでないと、必ず失敗するのが施工管理という仕事です。

知らない人とコミュニケーションを何度も取るのが苦手ならば、『ちょっと難しい』かも。

メンタルが弱い人

メンタルに関しては、『上の立場』でも『下の立場』でも同様で大切です。

現場では、下記のようなことが当たり前に起こります。

  • 上からの指示通りやったら別の人から怒られる
  • 上からも下からも煽られる
  • 職人からも事務所からも『毎日』心ない言葉を投げられる
  • 職人、職員の失敗を被らないといけない

こんなことは日常茶飯事ではないでしょうか。これらに対して気になる方は気持ちを保つことは難しいため、施工管理には向いていません。

プライベートを犠牲にできない人

施工管理・現場監督を辞めてしまう一番の理由です。

  • 土日祝、休みがない
  • 残業ありきの仕事で朝から晩まで仕事
  • 忙しすぎて、たにある休みも何もできない

上記のとおり。

施工管理を続けているとプライベートの時間はありません。朝から晩まで仕事一色です

さらには、泊まりがけも珍しくないため、忙しい現場では本当にプライベートは何もありません。

施工管理(現場監督)に向いていないと感じたら?【今すぐ辞めるべき】

記事前半では、施工管理の仕事『向いているか』、『向いていないか』の判断を説明しました。

後半では『向いていない』と判断した場合の具体的な行動について話します。

それは『今すぐ辞めること』です。

施工管理が『きつい』・『辞めたい』と感じているだけで辞めてもいいの?

結論から言います。今の状態が耐えられないのであれば『辞める』ことを考えてほしいです。

これは、上の立場になっても『今後、楽になることはない』ためです。

施工管理・現場監督の仕事はきつい・つらいということは世間の人々は知っています。これでは、新たに優秀な人材が施工管理に流れてくることは考えにくいです。

さらに、昨今では若者の建築離れが深刻化してます。

これにより、建築業界の人不足が加速し、今後頑張れば頑張るほど『あなた』自身にしわ寄せがくることになります。

もし、『あなた』が下記のような状況で悩んでいるならば、『今が辞めるタイミングです』と背中を押します。

  • つらい
  • 辞めたい
  • 今の環境から抜け出したい

辞めようか悩んでいる方はこちらの記事もどうぞ!

正常な判断ができるうちに行動を!【今から動くのがベストです】

体と心が健全な状態のときに、転職活動を開始してしまうのが一番です。

その理由は下記のとおり。

  • 転職先を正常な判断で探せる
  • 面接でも悪い印象を与えない
  • 納得いくまで転職活動をやり切る気力がある

辞める決心がついた方はこちらもどうぞ!

辞める決心がついたら?【取るべき行動は1つです】

これは、効率良く転職活動を開始することです。

  • 自分の知りたい情報を効率良く得る
  • 自分の都合がいいようにサポートしてもらう
  • 自分にはできないことを代わりにやってもらう

効率良く転職活動をするということは上記のとおり。

世の中にある無料・無制限に活用できるサポートを利用【転職エージェントを活用する】

【無料】かつ【無制限】に活用できる転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントを簡単に説明すると下記のとおり。

転職エージェントのメリット
  • 自分に合った転職先をプロの目から判断してくれる
  • 一般の求人サイトにはない『非公開求人』の紹介
  • 各種書類添削や面接練習をしてくれる
  • 面接日程、給料交渉、入社時期の調整
  • しかもサービスは全て【無料】

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事からどうぞ!

20代・第二新卒の方

30代・40代の方

まとめ【施工管理(現場監督)に向いてない人の特徴5選】

今回は【施工管理(現場監督)に向いてない人の特徴5選】について説明しました。

  • 向いてない人5選
  • 施工管理(現場監督)に向いていないと感じたら?【今すぐ辞めるべき】
  • 辞める決心がついたら?【取るべき行動は1つです】

向いている人、向いてない人がいますが、少しでも『つらい』、『辞めたい』と感じているなら、辞めてしまってから転職活動をするという方法もあります。

あなた自身の体調が一番大事です。働きながら転職先を探さずに【辞める】選択肢を先に使っても誰も文句は言いません。

ABOUT ME
ショウ
施工管理歴8年目。1年目から2カ月休みなし残業時間200時間を経験。私自身も経験した『つらい』をなくすため、施工管理・現場監督のための転職先紹介をしています!
最新記事